国内標準化事業

JIS(日本工業規格)とは、我が国の工業標準化の促進を目的とする工業標準化法(昭和24年)に基づき制定される国家規格です。

産業車両分野では、1954年に工業技術院機械試験所においてフォークリフトの性能審査が実施され、国産車も輸入車に比して性能的に遜色ないとの評価を受け、その後1956年にフォークリフトの安全規格であるJIS D 6001が制定公布されました。

本会は、日本工業標準調査会(JISC)の指導の下、産業車両分野のJIS原案作成団体として、安全の向上、最新技術への対応、そして国際規格との調和を図りながら、関係官庁や団体、フォークリフトをお使いいただいているユーザー企業の方にも参画いただきJIS原案作成委員会を設け、産業車両関係のJIS制定・改正原案の審議を行っております。

産業車両関係JISのリストは以下の通りです。(2020年9月現在)
規格番号 規格名称   対応国際規格
JIS D6001-1:2016 フォークリフトトラック―安全要求事項及び検証―第1部:フォークリフトトラック  ISO3691-1
JIS D6001-2:2016  フォークリフトトラック―安全要求事項及び検証―第2部:運転者の位置が上昇するフォークリフトトラック及び荷を揚げたまま走行するよう設計されたフォークリフトの追加要求事項 ISO3691-3
JIS D6011-1:2013 フォークリフトトラック―安定度及び安定度の検証―第1部:一般  ISO22915-1 
JIS D6011-2:2013  フォークリフトトラック―安定度及び安定度の検証―第2部:カウンタバランスフォークリフトトラック ISO22915-2 
JIS D6011-3:2013 フォークリフトトラック―安定度及び安定度の検証―第3部:リーチフォークリフトトラック及びストラドルフォークリフトトラック  ISO22915-3
JIS D6011-4:2019 フォークリフトトラック―安定度及び安定度の検証―第4部:パレットスタッキングトラック、プラットフォームスタッキングトラック及び運転者の位置がリフト高さ1 200mmまで上昇するオーダピッキングトラック  ISO22915-4
JIS D6011-5:2013 フォークリフトトラック―安定度及び安定度の検証―第5部:サイドフォークリフトトラック  ISO22915-5

JIS D6011-6:2013

 フォークリフトトラック―安定度及び安定度の検証―第6部:運転者の位置が1 200mmを超えて上昇するオーダピッキングトラック ISO22915-21

JIS D6011-7:2019

 フォークリフトトラック―安定度及び安定度の検証―第7部:長さ6m以上のコンテナを扱うカウンタバランスフォークリフトトラック ISO22915-9
JIS D6003:1995 ショベルローダ   
JIS D6020:2014 フォークリフトトラック―座席式フォークリフトトラックのペダルの構造及び配置 ISO21281
JIS D6021:2019 フォークリフトトラック―ヘッドガード  ISO6055
JIS D6022:2011 動力付産業車両―識別記号 ISO3287 
JIS D6023:2012 フォークリフトトラック―ブレーキ性能及び試験方法  ISO6292
JIS D6024:2019 フォークリフトトラック―フック式フォーク及びフィンガバーの取付寸法及び構造 ISO2328
JIS D6025-1:2011 産業車両―運転者保護装置の仕様及び試験方法―第1部:シートベルト ISO24135-1
JIS D6026:2019 フォークリフトトラック―フォーク―技術特性及び試験  ISO2330
 JIS D6027:2011 フォークリフトトラック―さやフォークと伸縮フォーク―技術特性及び強度  IDO13284 

JIS D6028:2019

産業車両―電気に関する要求事項 

 

ISO20898

JIS D6029:2020

自走式産業車両―視界性能及び試験方法―第1部:定格荷重10000㎏までのフォークリフトトラック及びバリアブルリーチトラック

ISO13564-1

JIS D6201:2017 自走式産業車両―用語  ISO5053-1
JIS D6202:2011 フォークリフトトラック―仕様書様式   
JIS D6801:2019 無人搬送車システムに関する用語   
JIS D6802:1997 無人搬送車システム―安全通則   
JIS D6803:1994 無人搬送車―設計通則   
JIS D6804:1994  無人搬送車システム―設計通則   
 JIS D6805:1994 無人搬送車―特性・機能試験方法   
     
     
以上のJIS規格については、財団法人日本規格協会のウェブサイトから購入することができます。
 

なお、社団法人日本産業車両協会規格JIVASのリストは以下の通りです。
JIVAS F部門(フォークリフト)
規格番号 名称
JIVAS F01 フォークリフトトラックの最小直角通路幅
JIVAS F06 フォークリフトトラック用アタッチメントの定格
JIVAS F16 フォークリフトトラック用車輪ナット(メートルネジ)
JIVAS F18 フォークリフト定期交換部品の共通基準      
JIVAS F19 フォークリフトトラック点検基準   
JIVAS F20 フォークリフトトラック安全基準   
JIVAS F28 フォークリフトの安全確保のための表示に関するガイドライン
JIVAS F29 社団法人 日本産業車両協会規格(JIVAS)のフォークリフトトラック
部門(F)に関する作成規程
JIVAS F30  バッテリ式フォークリフトトラック-一充電稼働時間試験手順   

*JIS D 6202:2011 フォークリフトトラック―仕様書様式に採用された。

JIVAS F31

JIS D6028:2012「産業車両‐電気に関する要求事項」の感電に関する保護

のためにすべき事項の明確化について

*JIS D6028の改正(2019年)を受け廃止

JIVAS F32

 燃料電池産業車両用電源ユニットの転載に関する安全ガイドライン     

JIVAS A部門(無人搬送車システム)
規格番号 名称
JIVAS A05 無人搬送車の安全確保のための表示に関するガイドライン
JIVAS A06 有軌道台車-用語
JIVAS A07 地上有軌道台車-安全通則 
JIVAS A08 空間有軌道台車-安全通則

以上のJIVAS規格に関するお問い合わせは事務局宛にお願いします。